ブライダルシェービング・ブライダルエステ・リンパマッサージ|女性専用空間フォレーゼ・ワイズ(Foreze・y's)

フォレーゼ・ワイズ
home ブライダルエステメニュー 先輩花嫁の声 よくある質問 女性の顔そり<シェービング> Foreze・y’s の地図
ゆったり入浴しましょう

湯ぶねに浸かってリラックスすると、日ごろのストレスから解放されるだけでなく、心から温まって体温を上げるのに役立ちます。

 

シャワーだけで済ませていませんか?

忙しかったりすると、ついシャワーだけで済ませてしまいがち。

でも、低体温の改善には湯ぶねにゆっくり浸かることが欠かせません。

なぜなら、湯ぶねに10分程度浸かるだけでも体温が約1℃上がるからです。

また、お風呂に入って温まると血管が拡がり血行が促進されます。

これにより内臓や筋肉に栄養と酸素がいきわたり、老廃物の排泄作用も高まります。

そして、水圧が体にかかることで血管やリンパがほどよく締めつけられ、血行をよくするとともに代謝を促進。

特に湯ぶねの深い部分にある脚には効果的に水圧がかかり、余分な水分が押し上げられ、疲れやむくみが取れます。

さらに、水の浮力によって体の関節や筋肉が重力から解放され、心身のストレス解消にもつながります。

 

ぬるめのお湯で半身浴がおすすめ

熱いお湯に入ると血圧が急に上がるので、38~39℃、高くても41℃までのぬるめのお湯にしましょう。

この温度なら副交感神経が刺激され、心からリラックスできます。

また肩まで浸かると心臓や肺に負担がかかるので、みぞおちまでの半身浴がおすすめ。時間の目安は20~30分程度で、汗が出るくらい。

そして、出るとき手足などに冷たいシャワーをかけると温熱で拡がった血管が引き締まり、熱の発散を防げます。

また温冷浴もおすすめ。温かい湯ぶねに浸かるのと、冷たいシャワーを浴びるのを交互に3~4回繰り返します。

湯ぶねに浸かる温浴から始めて、冷たいシャワーで終わりましょう。自律神経の改善に役立ちます。

 

冷え性なら手浴、足浴も効果的

手足が冷える人は、洗面器などで手軽にできる手浴、足浴も効果的。体の一部を温めただけでも、血管の拡張は全身に広がります。

特に冷えのために眠れないという人は、寝る前に手浴と足浴をするとよいでしょう。

ただ、お湯から出ると拡がった血管から逆に熱が放出されてしまうので、終わった後は少し水に浸けるか、水で絞ったタオルを巻くかして、血管を引き締めてください。